「ローヤルゼリーに含まれている成分」 ローヤルゼリーに含まれている成分

ローヤルゼリーは、22種類のアミノ酸・10種類のビタミン・9種類のミネラルに加え、デセン酸・ビオプテリン・類パロチン・アセチルコリン等々、実に40種類を超える成分から構成されているスーパー健康食材です。
ですからローヤルゼリーは非常に栄養価の高い食品ですが、それぞれの成分が具体的にどのようなものなのかを詳しく見ていきましょう。

◆ビタミン類
ローヤルゼリーに含まれるビタミン類は10種類といわれていますが、その内の8種類はビタミンB郡です。
ビタミンB郡は補酵素という成分で構成されており、人が摂取した糖質を効率的にエネルギーに変える働きがあります。
ですから、ビタミンB郡を適度に摂取することで体力の増強につながり、毎日を活動的に過ごせます。
また、皮脂の過剰分泌を抑える働きがありますので、肌の悩みを抱えている方にも最適な成分といえます。

◆ミネラル類
ミネラル類の代表と言えば、カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などが思いつきますね。
ローヤルゼリーは、このようなミネラル類の内の9種類もをカバーしています。
ご存知の通り、ミネラルは骨や歯の生成には欠かせないものであり、また自律神経のバランスを保つのにも大きな役割を果たしますから、一度に9種類のミネラルを摂取できるのは大変ありがたい食品であると言えるでしょう。

◆アミノ酸
アミノ酸には「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の2種類がありますが、ローヤルゼリーにはそのどちらもが含まれます。
特に「必須アミノ酸」は人体では作ることができないため、人間が体を保つためには必ず外からの摂取が必要な成分です。
ローヤルゼリーを食べることで摂取できる「必須アミノ酸」は次の8種類、バリン・ロイシン・イソロイシン・トリプトファン・リジン・メチオニン・スレオニン・フェニルアラニンです。
中でも、バリン・イソロイシン・ロイシンの3種類は筋肉の増強や疲労回復、脂肪燃焼効果があるとされ、最近では燃焼系のサプリメントにも配合されている有名な成分です。

◆ デセン酸
デセン酸とは、地球上では唯一ローヤルゼリーにだけ含まれているとされている稀少成分で、更年期障害の緩和に効果があるとされ現在研究が進められています。
このデセン酸はローヤルゼリーに含まれる他の成分と異なり、熱に強いのも特徴のひとつです。

◆ビオプテリン
ローヤルゼリー1g中1mgと高濃度で含まれている成分ですが、抗酸化作用や集中力・記憶力への影響も期待されています。

◆類パロチン
アンチエイジング効果のあるとして有名なホルモンに「唾液腺ホルモン」がありますが、唾液腺ホルモンは人が成人する頃から徐々に減少が始まります。
この唾液腺ホルモンに酷似した成分として注目されているのが類パロチンで、ローヤルゼリーに豊富に含まれていることが確認されています。
体の中からエイジングケアをしたい方には特に魅力的な成分と言えるでしょう。

◆アセチルコリン
ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには脳の活動を活性化させる働きが確認されており、自律神経失調症やうつ病等の精神疾患の治療へ活かすための研究が進められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>